サイトマップ サイト案内
リンク集
会社概要(取材、コーディネート、写真貸出)

ニュース
試合結果

日程表
基本情報

個人成績

観戦ツアー

過去の
コラム

観戦ガイド
&選手名鑑

LINE
ブログ

毎週放送
ラジオ

グッズ
ショップ

代表紹介
室井昌也

イベント

気軽に球場に行ける観戦ガイドと全10球団586選手の寸評付き写真名鑑!

2004年の発行以来、今年で16年目!
球場ガイドと(選手別応援歌も!)選手名鑑、各種記録、読み物が一緒になった、珍しいタイプの野球本です!

野球好き、韓国好き、韓国野球好きはもちろん、各メディア、NPB球団スカウト、大リーグスカウトetc. みなさんに毎年ご愛顧いただいている一冊です。
読者のみなさんのご感想

 

【試合時間変更】8月の日・休日ゲームの開始時間が 18時から17時に変更になりました。ご注意ください(7/19発表。一部を除く)。

お求めについて
◇全国有名書店などで発売中!

◇主力お取扱い店舗
【東京】オークスブックセンター 東京ドームシティ店、書泉グランデ、東京堂 神田神保町店、紀伊國屋新宿本店
【大阪】紀伊國屋書店 梅田本店、京セラドーム大阪 Bsショップ
【福岡】紀伊國屋書店 福岡本店、TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港

◇最短で翌日お届け!
ストライク・ゾーン

◇ネット販売
amazon

◇店舗在庫検索 紀伊國屋書店 丸善&ジュンク堂 文教堂 有隣堂

◇デジタル版
富士山マガジンサービス

定価(本体1550円+税) 176ページ B6判 オールカラー
編著者 室井昌也(韓国プロ野球の伝え手)
韓国野球委員会(KBO) 韓国プロ野球選手協会 承認
発行所 論創社


本書編著者と行く 韓国プロ野球観戦ツアーは 8/16〜19に実施!

こんな内容を掲載しています!
☆近年ボールパーク化が進む、韓国9球場の魅力が伝わる観戦ガイド!
☆見やすくわかりやすい球場アクセスマップ!
☆球場ガイドは特徴やアクセス、楽しみ方、そして選手別応援歌まで網羅!

☆選手名鑑は個人データはもちろん、名前をカタカナ、ハングル、漢字、アルファベットで表記。
☆過去の獲得タイトルや代表歴、寸評は全586人分掲載。索引つきです!主力級80選手はさらに細かく紹介!
☆取材こぼれ話やクスっと笑える小ネタまで、本編に収まりきらない「はみだしネタ」が60本!

☆球団紹介は年度別成績や過去に所属したNPB選手を掲載。
☆野球用語と野球観戦に使えるハングルもあります。趣味から語学をマスターしたい人に役立ちます!
☆ソウル&プサンの地下鉄路線図。路線図には球場最寄駅をわかりやすく記しました。
☆日程表には毎月のソウルの平均気温と日没時間も載ってます。また参考として東京のデータも掲載するなど、情報が細かくて便利!
☆新コーナー「ばえる一枚」も掲載!


昨年(2018)版の読者はがきから、ご感想の一部を紹介 2017年版の感想

ご感想

「日本のプロ野球にした興味が無かったが、大変興味を持てました。韓国には未だ行ったことがありません。妻と相談して2泊3日で1試合は見てみたい!と思って旅行を決めました!!(40代男性/初購入)

「毎年、まだかまだかと楽しみにしていて、発売されると分かった瞬間、ソウルの航空券を手配しました。この本を持って球場に行くのが楽しいです。マスコットも好きなので今回はマスコットの名前も分かり、嬉しいです!!」(40代女性/5年連続 5度目購入)

「現地での様子がリアルに伝わってきて、読んでいて楽しいです。日本でもチケット購入できるようになるといいですね!」(30代男性/2年連続 3度目購入)

「今まで知らなかった選手も憶えられるようになってきた」(20代男性/初購入)

「"ばえる一枚" 球場に関する最新情報が手に入りました」(40代男性/14年連続 14度目購入)

「"本拠地球場ガイド" 未だ訪れたことのない球場のことが知れてワクワクした」(30代男性/2年連続 2度目購入)

「日本で韓国プロ野球の本が販売されていることに驚きました。"各球場の評価を数値化"は快適さが参考になる」(40代男性/初購入)

「"NPB経験者一覧"と"NPB経験者の赤字表記" 親しみがわき、チーム像を把握する手がかりとなる」(50代男性/2年ぶり 3度目購入)

「"韓国野球の歴史" 今までの韓国野球の流れがわかりやすく解説されていた」(50代男性/9年連続 9度目購入)

「"はみだしムダばなし"は日本のプロ野球名鑑にはないから楽しい」(30代男性/15年連続 15度目購入)

ご要望

「室井さんの力で韓国チームと日本チームのオープン戦の数を増やして下さい。いつか観戦ツアーに参加したいです」(30代女性/5年連続 5度目購入)

「各球場のグルメを詳しく取り上げてほしい」(40代男性/15年連続 15度目購入)

「室井さんのコラムを載せてほしい(今年の展望か期待の選手など)」(30代男性/8年連続 8度目購入)

「もっとマニアックになってもいいのでさらに大増ページよろしくお願いします!」(40代男性/15年連続 15度目購入)

「もう少しリーズナブルな値段で本書を買いたいと思いました」(10代男性/初購入)

「本が小さいので読みにくい。もう少し大きくして見て読みやすいようにしてもらいたい(価格はUPしてもOK)」(70代男性/初購入)

「今のままで続けて下さい」(50代男性/14年連続 14度目購入)

「ずっと続けて下さい」(40代男性/10年連続 10度目購入) 他多数


室井昌也プロフィール

1972年10月3日 東京生まれ。西武球場に足繁く通っていた小学4年生(1982年)の時、日本で放映された韓国プロ野球発足のニュースを見て以来、韓国、韓国球界に関心を持つ。
日本大学芸術学部演劇学科中退後、レポーター・MC業の傍ら韓国プロ野球の取材活動を開始。韓国梨花女子大学言語教育院留学中の2002年には「大統領杯 国際ウリマル雄弁大会」で、韓国の街中の看板によく見られる、親指を立てるポーズを考察。スライドを用いて紹介し、外国人部門最優秀賞を受賞した。
以後、“韓国プロ野球の伝え手”として、03年より毎年「韓国プロ野球観戦ツアー」を企画・実施。04年からは本書を毎年刊行している。
取材を元にした韓国プロ野球の情報発信は、WBC、プレミア12などの国際大会において、地上波中継局への情報提供、取材等コーディネート、ゲスト解説、公式プログラム他、執筆などに反映されている。
連載物として、韓国では06年よりスポーツ朝鮮でのコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を韓国語で連載。17年3月に連載500回を突破した。日本では09年より日刊スポーツのモバイルサイト「ワールドベースボール」でコラム「韓話☆球題」を担当し今年11年目を迎える。
その他に、韓国の球団が数多く春季キャンプを行う沖縄県のキャンプ観光促進や、野球関連企業へのアドバイスも行っている。また、毎年本欄で記しているように「ラジオ」への関心が高く、14年11月にはラジオで交通情報を担当する女性を紹介したインタビュー本「交通情報の女たち」(論創社刊)を出版。15年10月にはラジオの世界で働く人々をインタビュー形式で紹介した「ラジオのお仕事」(勉誠出版)を刊行した。そして16年7月からは「室井昌也の韓国野球を観に行こう!」(ラジオ日本)に出演した。
ストライク・ゾーン取締役社長。

取材・ご注文について



NEW 韓国紙で11年間に記した約500本のコラム
その中から97本を厳選し、日本語でまとめました
サイト運営者の新刊 『野球愛は日韓をつなぐ


Copyright (C) 2019 Masaya Muroi