サイトマップ 会社概要
    

日程と結果

個人成績

韓国プロ
野球とは

観戦ツアー

過去の
コラム

観戦ガイド
&選手名鑑

LINE
ブログ

毎週放送
ラジオ

グッズ
ショップ

代表紹介
室井昌也

記事検索

2018年 韓国プロ野球公式戦日程表  過去の日程と結果(2004〜17年)  

オープン戦

公式戦 各月のページにはソウルの平均気温、日没時間も掲載

3月

3,4月

5月

6月

7月

8月

9、10月
2018年 日韓22球団の春季キャンプ日程




きまぐれフォト! 韓国の球場や街の最新情報を写真とともにご紹介!

球界の最新ニュースと楽しみ方を聴く(【ラジオ】室井昌也の韓国野球を観に行こう!)

韓国プロ野球の楽しみ方(ファンレポーター投稿記事)  韓国で野球観戦するには?

個人旅行では味わえない体験を 韓国プロ野球観戦ツアー2018


NEW 韓国紙で11年間に記した約500本のコラム
その中から97本を厳選し、日本語でまとめました
サイト運営者の新刊 『野球愛は日韓をつなぐ


韓国で野球観戦するにはどうすればいいか?

このページを訪れた方には、「いつ、どうやって韓国で野球を見たらよいか?」と思っている方は多いのではないでしょうか。そこでその流れについて簡単にご説明します。

1.いつ韓国に行く?

 大半の方が、職場、学校のお休みに合わせて渡航プランを立てることでしょう。その期間に野球が行われているかを調べる必要があります。

  当ページの試合日程を参考になさってください。

2.どのような方法で韓国に行く?

 旅の目的によって、パックツアーにするのか、航空券と宿泊先を別々に手配するかなど変わってきます。いずれにしても旅行代理店や航空会社、ホテルで予約手続きを行う必要があります。

  航空券、ホテル、試合の入場券、球場への送迎がセットになったプラン(KJナビツアーズ)。各週末、2名様から参加可能です。

3.どの球場、どのチームの試合を観る?

 具体的に韓国に行くことが決まったら、どの球場で観るか?どのチームを見たいか?思いを巡らすことでしょう。韓国のチームのことが全くわからないという方は、韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2018を手にしていただき、気になるチームを探してください。「日本でプレーしたあの選手がいる!」や「好きな日本のチームとユニフォームが似ている!」とか、「応援が熱狂的らしいから興味がある!」など、それぞれの感性にふれる点があると思います。

  韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2018は全国書店、Amazonなどで発売中です。

 なお、各球団の本拠地は以下のようになっています。ソウルのチャムシル球場はトゥサンとLGが共同使用しているので、通常、試合が開催されない月曜日を除き、どちらかのチームのホームゲームが行われていることが多いです。またソウルのコチョクスカイドームは雨天中止の心配がありません。

-


チーム名(本拠地/漢字表記)
 トゥサン ベアーズ(チャムシル/蚕室)
 LG ツインズ(チャムシル/蚕室)
 ネクセン ヒーローズ(コチョクスカイドーム/高尺)
 SK ワイバーンズ(インチョン/仁川)
 kt ウィズ(スウォン/水原)
 ハンファ イーグルス(テジョン/大田)
 サムソン ライオンズ(テグ/大邱)
 KIA タイガース(クァンジュ/光州)
 ロッテ ジャイアンツ(プサン/釜山)
 NC ダイノス(マサン/馬山)

-

-

-

-

4.入場券はどうしたらいい?

 実はこの点が難しいところです。最近の韓国プロ野球は大変な人気で、週末ゲームでは入場券が売り切れてしまうことも少なくありません。

  近年の韓国プロ野球人気について、こちらの特別項目(2012年時点)で詳しく説明しています。各球団別の入場券の金額は下記にて掲載しています。
 
韓国プロ野球 各球団入場券について(各球場の全景写真も掲載)

 もし、ご都合が合えば、「韓国プロ野球観戦ツアー」や「2人から行く!韓国プロ野球観戦 3日間」も選択肢のひとつとしてお考えください。

  韓国プロ野球観戦ツアー2018
 
航空券、ホテル、試合の入場券、球場への送迎がセットになったプラン(KJナビツアーズ)。各週末、2名様から参加可能です。

5.最新の情報を知りたい!

 当サイトでは日々の結果、次の試合の予告先発を掲載しています。

  ストライク・ゾーン facebookページ でご覧になるとさらに便利です。

以上を参考に楽しい野球観戦をなさってください!


球団の変遷 本拠地マップ実施内容/観戦するには?/入場券応援ソングサイトマップ

当サイト内の文章・写真等は付記のあるもの、球団・選手等に所有権があるものを除き、
著作権は当サイト運営者に帰属します。http://www.strike-zone.jp/