サイトマップ サイト案内
リンク集
会社概要(取材、コーディネート、写真貸出)

日程と結果

個人成績

韓国野球とは

観戦ツアー

過去のコラム

/名鑑

ブログ

グッズ

サイト運営者

記事検索


アジアシリーズ2008 概要

今年で4年目を迎える、アジアの野球クラブチームチャンピオンを決める戦い「アジアシリーズ2008」。韓国代表として、2008年のチャンピオンチームが出場し、アジアNo.1を目指す。
→韓国の公式戦順位表

韓国の出場チームは、準プレーオフ→プレーオフ→韓国シリーズを経て、アジアシリーズ出場チームが決定する。

アジアシリーズ2008公式サイト

試合日:2008年11月13日(木)〜16日(日)
会場東京ドーム

日程

11/13
(木)
統一セブンイレブンライオンズ
(チャイニーズタイペイ)

天津ライオンズ
(中国)
SKワイバーンズ
(韓国)

埼玉西武ライオンズ
(日本)
12:00試合開始
中継:J SPORTS
18:00試合開始
中継:J SPORTS

11/14
(金)
天津ライオンズ
(中国)

SKワイバーンズ
(韓国)
埼玉西武ライオンズ
(日本)

統一セブンイレブンライオンズ
(チャイニーズタイペイ)
12:00試合開始
中継:J SPORTS
18:00試合開始
中継:J SPORTS

11/15
(土)
天津ライオンズ
(中国)

埼玉西武ライオンズ
(日本)
統一セブンイレブンライオンズ
(チャイニーズタイペイ)

SKワイバーンズ
(韓国)
12:00試合開始 
中継:J SPORTS
18:00試合開始
中継:J SPORTS

11/16
(日)
決勝戦
14:00試合開始
中継:J SPORTS

上段に記載のチームが後攻・一塁側、下段のチームが先攻・三塁側。なお、NPBは決勝戦を含みすべて一塁側を使用。

韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2008

韓国プロ野球観戦ガイド2008
著者/制作室井昌也
(当サイト運営者)
詳しくはこちら


定価 1,200円(税込)
B6判 144ページ
小学館スクウェア刊KBO(韓国野球委員会)公認

今年で5年目!アジアS必須!

入場券
先行発売9月27日(土)10:00〜10月5日(日)18:00
一般発売10月8日(水)10:00〜

チケット販売@電子チケットぴあローソンチケットイープラス東京ドーム

入場料金<税込> ( )内は先行販売価格
座席 日本戦

日本戦以外

決勝戦
ロイヤルシート 7,000円
(6,500円)
- 8,000円
(7,500円)
エキサイトシート
同日2試合観戦

10,000円
指定席S 5,000円
(4,500円)
- 6,000円
(5,500円)
指定席A 3,500円 - 4,000円
指定席B 2,500円 - 3,000円
自由(おとな) 2,000円 1,000円 2,000円
自由(こども) 500円 500円 500円
特別自由 - 2,000円 -
自由パスポート
(おとな)
4,000円(決勝戦を含む全7試合) 合計1,500枚限定発売
自由パスポート
(こども)
1,300円(決勝戦を含む全7試合)

※自由(こども):小学生以上中学生まで
※座席を確保する場合は、小学生未満でも入場券が必要。
※自由パスポート:決勝戦を含む全7試合を自由(特別自由を除く)にて観戦可
※日本チームは決勝戦を含み、全試合1塁側ベンチを使用。
※エキサイトシートは東京ドームのみの発売。

主催:日本野球機構(NPB)
協力:韓国野球委員会(KBO)、中国棒球協会(CBA)、中華職業棒球連盟(CPBL)、

賞金総額1億円
優勝チーム 5,000万円
準優勝チーム 3,000万円
他2チーム 各1,000万円

試合形式
4チーム総当たりでリーグ戦を行い、上位2チームが決勝戦を行う。3位決定戦は行わない。

      SKワイバーンズ選手紹介

   →サイト運営者によるスポーツナビでのチーム紹介

   →チーム紹介 →韓国シリーズ詳細
   →室井昌也『ソウルはいつも野球愛』(ブログ)
   →J SPORTS 野球好き日記(「韓流野球報告」担当)

予想スタメン(右投手用) 投手陣

1番

二塁手

チョングンウ
鄭根宇


JEONG KEUN WOO

#8

右右

172cm

75kg

1982/10/2

1億1,000万ウォン

0.314

8本

58点

40盗
『がむしゃらファイター』。盗塁はリーグ3位。北京五輪でも足を見せた。速球に強く早打ち。愛すべきキャラクター。★

2番

左翼手

パクチェサン
朴哉相


PARK JAE SANG

#1

左左

178cm

80kg

1982/7/20

7,000万ウォン

0.274

1本

34点
21盗
『スイングアーティスト』。俊足の外野手。21盗塁はチーム2位。狙い球をじっくり絞るタイプ。

3番

DH

キムジェヒョン
金宰R


KIM JAE HYUN

#7

左左

177cm

85kg

1975/10/2

3億ウォン

0.310

10本

60点
4盗
『球界一の美男子』。軽いバットをシャープに振りぬく。昨年の本大会では山井(中日)からソロアーチ。対左投手ではスタメンを外れる。

4番

右翼手

パクチェホン
朴栽弘


PARK JAE HONG

#62

右右

176cm

85kg

1973/9/7

4億ウォン

0.318

19本

72点
5盗
1996年新人王、1996年本塁打王、1996、2000年打点王。今季は打点、本塁打チームトップ。

5番

三塁手

チェジョン
崔 廷


CHOI JEONG

#14

右右

180cm

84kg

1987/2/28

9,000万ウォン

0.328

12本

61点
-19盗
『ベビーフェイススラッガー』。打率はリーグ3位。韓国シリーズMVP。WBCでは代表入りに期待。

6番

一塁手

イジンヨン
李晋暎


LEE JIN YOUNG

#35

左左

185cm

90kg

1980/6/15

2億4,000万ウォン

0.315

8本

53点
12盗
『国民的右翼手』。今季チームでは一塁での起用。北京五輪では藤川(阪神)から代打タイムリーを放つ。★

7番

遊撃手

ナジュファン
羅州煥


NA JU HWAN

#3

右右

182cm

83kg

1984/6/14

8,700万ウォン

0.247

3本

46点
14盗
早いカウントから打つのが特徴。三振も多い。

8番

捕手

パクキョンワン
朴勍完


PARK KYUNG OAN

#26

右右

178cm

88kg

1972/7/11

3億ウォン

0.273

7本

36点
6盗
『データ野球の扇の要』。盗塁阻止率.436はリーグトップ。2000年MVP、2000、2004年本塁打王。

9番

中堅手

キムガンミン
金江a


KIM KANG MIN

#0

右右

182cm

82kg

1982/9/13

7,000万ウォン

0.271

3本

32点
16盗
俊足。元々は投手で、強肩の外野手。

外野手

チョドンファ
趙東和


CHO DONG HWA

#10

左左

175cm

70kg

1981/3/22

7,500万ウォン

0.279

1本

26点
19盗
『韓国の鈴木尚広』。巨人・鈴木尚と顔とプレースタイルが似ている。弟はサムソンのチョ・ドンチャン。

左殺し

イジェウォン
李宰元

イジェウォン
LEE JAE WON

#12

右右

185cm

105kg

1988/2/24

4,000万ウォン

0.315

3本

25点
2盗
左投手キラー。左投手が先発の場合はスタメン起用も。

控え捕手

チョンサンホ
鄭相昊


CHUNG SANG HO

#42

右右

186cm

96kg

1982/12/24

4,000万ウォン

0.234

6本

23点
0盗
パンチ力はピカ一。昨年、今年と東京ドームでの練習でサク超え連発。

控え野手

キムドンゴン
金東建


KIM DONG KEON

#5

右右

179cm

87kg

1982/3/7

2,200万ウォン

0.269

1本

3点
0盗
今季は26試合に出場。

控え野手

パクチョンファン
朴廷煥


PARK JUNG HWAN

#6

右右

180cm

85kg

1977/10/23

5,500万ウォン

0.240

1本

6点
1盗
今季サムソンより移籍。サムソン時代にアジアシリーズ2度参加。今回が3回目。

控え野手

モチャンミン
牟昌民


PARK JUNG HWAN

#13

右右

188cm

83kg

1985/5/8

2,000万ウォン

0.223

1本

20点
10盗
ルーキー。内野各ポジションをこなす。

先発

エース

キムグァンヒョン
金廣鉉


KIM KWANG HYUN

#29

左左

187cm

83kg

1988/7/22

4,000万ウォン

2.39

16勝

4敗

0S
『20歳のほほえみサウスポー』。北京五輪では日本戦に2度先発し好投。シーズンでは最多勝と奪三振王でMVPに。150キロ前後の速球とスライダーが武器。★

先発

-

チェビョンヨン
蔡秉龍


CHEI BYUNG YONG

#45

右右

185cm

100kg

1982/4/25

1億5,000万ウォン

2.70

10勝

2敗

0S
防御率リーグ4位。140キロ台の直球と変化球を低めに集め、安定した投球。韓国シリーズではリリーフ登板も。

先発

-

レイボーン


Kenneth Rayborn

#60

右右

191cm

101kg

1974/11/22

20万ドル

3.30

5勝

3敗

0S
『投げるアジア漫遊記』。四球多いが、ランナー背負っても動じない投球。かつて広島に在籍。一昨年は台湾に。

セットアッパー

チョウンチョン
゙雄天


CHO WOONG CHUN

#41

右右

182cm

78kg

1971/3/17

3億ウォン

2.68

1勝

2敗

4S
『飛龍の折れない翼』。13年連続50試合以上。通算808試合登板は、韓国球界最多のサイドハンド。

クローザー

チョンデヒョン
鄭大R


CHUNG DAE HYUN

#21

右右

185cm

96kg

1978/11/10

1億2,100万ウォン

0.92

3勝

2敗

27S
『国際舞台に不可欠のサイドハンド』。北京五輪でも抑え。決勝戦でも胴上げ投手。腰痛が不安材料。★

ワンポイント

チョンウラム
鄭ウラム


JUNG WOO RAM

#57

左左

181cm

82kg

1985/6/1

8,000万ウォン

2.09

9勝

2敗

5S
今季、シーズン最多登板タイの85試合に登板。25セーブでホールド王に。

ワンポイント

カドゥクヨム
賈得ヨム


KA DEUK YUM

#30

左左

184cm

82kg

1969/10/1

1億1,000万ウォン

5.51

4勝

3敗

1S
今季60試合に登板。チョンウラムとともに左のワンポイント。

中継ぎ

ユンギルヒョン
尹吉鉉


YUN KIL HYOUN

#51

右右

184cm

80kg

1983/9/23

1億2,000万ウォン

2.90

1勝

0敗

2S
内角を突く強気のピッチング。150キロ近い速球とスライダーが持ち味。今季55試合登板。

中継ぎ

ソンウンボム
宋恩範


SONG EUN BEOM

#46

右右

182cm

88kg

1984/3/17

7,000万ウォン

3.77

8勝

6敗

0S
140キロ後半の速球が売り。韓国シリーズでは第4戦に先発。

中継ぎ

キムウォンヒョン
金圓衡


KIM WON HYONG

#16

右右

177cm

75kg

1972/7/5

2億5,000万ウォン

3.15

12勝

6敗

2S
42試合に投げ、中継ぎながら2ケタ勝利。通算134勝は現役3位。

中継ぎ

イスンホ
李承浩


LEE SEUNG HO

#20

左左

176cm

82kg

1981/9/9

6,100万ウォン

3.57

4勝

1敗

2S
SK球団創設期のエース。肩痛のブランクも3年ぶりの勝利。韓国シリーズで完全復活。

中継ぎ

イヨンウク
李永旭


LEE YOONG WOOK

#25

右右

190cm

93kg

1980/8/13

6,000万ウォン

3.60

2勝

3敗

0S
長身で、横手からの速球が武器。

中継ぎ

チョンビョンドゥ
全炳斗


JUN BYUNG DOO

#33

左左

181cm

75kg

1984/10/14

5,300万ウォン

4.64

2勝

4敗

0S
今季途中、キアから移籍。WBCでは代表選出。速球と荒れ球が特徴。

金額は今季の年俸(1ウォン=約0.08円)。★印は北京五輪代表選手。
『 』内のコピーは、チームで一般的なものや、みなさんが認識しやすいよう、当サイト運営者にて作成したものです。

韓国プロ野球の現況と過去のアジアシリーズ出場チーム
 →韓国プロ野球の公式戦 現在の順位表
-
 →2007年出場 SKワイバーンズ チーム・選手紹介
 →2006年出場 サムソン(サムスン)ライオンズ チーム・選手紹介
 →2005年出場 サムソン(サムスン)ライオンズ チーム・選手紹介

韓国プロ野球の予備知識
韓国プロ野球について 韓国プロ野球8球団
 球団の構成と変遷  SKワイバーンズ
 本拠地マップ  トゥサンベアーズ
 実施要綱  ロッテジャイアンツ
 観戦ガイド  サムソンライオンズ
 うたう!韓国プロ野球(応援)  ハンファイーグルス
 キアタイガース
 韓国プロ野球日程と結果  ヒーローズ
 韓国プロ野球の近況(ブログ)  LGツインズ
               

当サイト内の文章・写真等は付記のあるもの、球団・選手等に所有権があるものを除き、
著作権は当サイト運営者に帰属します。http://www.strike-zone.jp/