サイトマップ サイト案内
リンク集
会社概要(取材、コーディネート、写真貸出)

日程と結果

個人成績

韓国野球とは

観戦ツアー

過去のコラム

/名鑑

ブログ

グッズ

サイト運営者

記事検索

KONAMI CUP アジアシリーズ2007
KONAMI CUP アジアシリーズ2007 概要

今年で3年目を迎える、アジアの野球クラブチームチャンピオンを決める戦い「KONAMI CUP アジアシリーズ2007」。韓国代表として、2007年のチャンピオンチームが出場し、アジアNo.1を目指す。
→韓国の公式戦順位表

韓国の出場チームは、準プレーオフ→プレーオフ→韓国シリーズを経て、アジアシリーズ出場チームが決定する。

KONAMI CUP アジアシリーズ2007公式サイト

試合日:2007年11月8日(木)〜11日(日)
会場東京ドーム

日程

11/8
(木)
CBA選抜チーム
(中国)

統一ライオンズ
(チャイニーズタイペイ)
中日ドラゴンズ
(日本)

SKワイバーンズ
(韓国)
12:00試合開始
中継:J SPORTS
18:00試合開始
中継:TBS系
  
J SPORTS

11/9
(金)
SKワイバーンズ
(韓国)

CBA選抜チーム
(中国)
統一ライオンズ
(チャイニーズタイペイ)

中日ドラゴンズ
(日本)
12:30試合開始
中継:J SPORTS
18:30試合開始
中継:テレビ朝日系
  
J SPORTS

11/10
(土)
中日ドラゴンズ
(日本)

CBA選抜チーム
(中国)
SKワイバーンズ
(韓国)

統一ライオンズ
(チャイニーズタイペイ)
12:00試合開始 
中継:日本テレビ系
  
J SPORTS
18:00試合開始
中継:J SPORTS

11/11
(日)
決勝戦
18:00試合開始
中継:日本テレビ系
  
J SPORTS

上段に記載のチームが後攻・一塁側、下段のチームが先攻・三塁側。なお、NPBは決勝戦を含みすべて一塁側を使用。

入場券
先行発売9月30日(日)10:00〜10月7日(日)21:00
一般発売10月13日(土)10:00〜
チケット詳細(公式サイト)

チケット販売@電子チケットぴあローソンチケットイープラスCNプレイガイド東京ドーム

入場料金<税込> ( )内は先行販売価格
座席 日本戦

日本戦以外

決勝戦
ロイヤルシート 7,000円
(6,500円)
- 8,000円
(7,500円)
エキサイトシート
同日2試合観戦

10,000円
指定席S 4,500円
(4,000円)
- 5,000円
(4,500円)
指定席A 3,500円 - 3,800円
三塁チアシート

3,500円

-

-
指定席B 2,200円 - 2,500円
FMシート 2,500円 -

-
自由(おとな) 1,500円 1,000円 1,700円
自由(こども) 500円 500円 500円
特別自由 - 2,000円 -
自由パスポート
(おとな)
4,000円(決勝戦を含む全7試合) 合計1,000枚限定発売
自由パスポート
(こども)
1,300円(決勝戦を含む全7試合)

※自由(こども):小学生以上中学生まで
※座席を確保する場合は、小学生未満でも入場券が必要。
※自由パスポート:決勝戦を含む全7試合を自由(特別自由を除く)にて観戦可
※日本チームは決勝戦を含み、全試合1塁側ベンチを使用。
※エキサイトシート、ロイヤルシートはオフィシャルプログラム付。
※三塁チアシートは予選リーグ日本戦、三塁内野スタンドステージ前の座席
※FMシートは、日本対韓国or台湾戦にて、貸し出しされるFMラジオでアジアンスターのトークが聞ける。

主催:日本野球機構(NPB)
後援:読売新聞社
特別協賛:コナミ株式会社
協力:韓国野球委員会(KBO)、中国棒球協会(CBA)、中華職業棒球連盟(CPBL)、

賞金総額1億円
優勝チーム 5,000万円
準優勝チーム 3,000万円
他2チーム 各1,000万円

試合形式
4チーム総当たりでリーグ戦を行い、上位2チームが決勝戦を行う。3位決定戦は行わない。

   SKワイバーンズ選手紹介 チーム紹介 →韓国シリーズ詳細
    →当サイト運営者による、スポーツナビでのSKワイバーンズ紹介
    →室井昌也『ソウルはいつも野球愛』(ブログ) →J SPORTS 野球好き日記

予想スタメン(シーズン中は日替わり) 投手陣

1番

遊撃手

チョングンウ

#8

右右

174cm

75kg

1982/10/2

6,000万ウォン

0.323

9本

44点

24盗
『がむしゃらファイター』。ぎりぎりで規定打席に乗り、打率はリーグ4位。果敢な走塁で昨季は45盗塁。★

2番

中堅手

チョドンファ

#10

左左

173cm

70kg

1981/3/22

4,000万ウォン

0.272

0本

18点
25盗
『遅咲きの韋駄天』。代走要員がスタメン定着。チームトップの25盗塁。弟はサムソンのチョ・ドンチャン。

3番

DH

キムジェヒョン

#7

左左

177cm

83kg

1975/10/2

2億5,000万ウォン

0.196

5本

19点
-
『球界一の美男子』。2002年「股関節無血壊死症」で選手生命の危機に。今季、韓国シリーズMVP。

4番

一塁手

イホジュン

#27

右右

186cm

92kg

1976/2/8

2億5,000万ウォン

0.313

14本

71点
-
『帰ってきた4番打者』。今季、軍入隊から復帰。71打点はチームトップ。2004年打点王(112打点)。★

5番

右翼手

パクチェホン
(パクジェホン)

#62

右右

176cm

84kg

1973/9/7

4億ウォン

0.280

17本

54点
-
国際試合に強く別名「リトルキューバ」。1996年新人王、1996年本塁打王、1996、2000年打点王。★

6番

左翼手

パクチェサン
(パクジェサン)

#1

左左

178cm

80kg

1982/7/20

3,200万ウォン

0.269

10本

37点
21盗
俊足の外野手。主に2番打者として出場。21盗塁はチーム3位。チームの20盗塁以上トリオの1人。

7番

二塁手

キョンギョンベ

#9

右右

176cm

84kg

1974/2/20

2億5,000万ウォン

0.225

4本

50点
-
『ひげタンク』。韓国シリーズでは20打数8安打、打率.400。1997年に2打席連続満塁ホームラン。

8番

捕手

パクキョンワン

#27

右右

178cm

87kg

1972/7/11

3億ウォン

0.247

15本

60点
-
『データ野球の扇の要』。盗塁阻止率.376はリーグトップ。2000年MVP、2000、2004年本塁打王。★

9番

三塁手

チェジョン

#14

右右

180cm

83kg

1987/2/28

3,400万ウォン

0.267

16本

66点
-
『ベビーフェイススラッガー』。打点、本塁打はいずれもチーム2位。今季、チーム内で最も多く固定起用。

代打or先発

イジンヨン

#35

左左

185cm

90kg

1980/6/15

2億2,000万ウォン

0.350

7本

42点
-
『国民的右翼手』。WBCで美技連発。併用起用により、出場試合減。明るいキャラクター。★

中堅手

キムガンミン

#0

右右

182cm

82kg

1982/9/13

3,400万ウォン

0.243

4本

18点
19盗-
シーズン中は最も多く、1番に座る(202打数)。124試合に出場。

遊撃手

ナジュファン

#3

右右

182cm

82kg

1982/9/13

3,400万ウォン

0.243

2本

27点
今季途中に、同ポジションのイデスとトレードでトゥサンから移籍。チョンギョンベ故障により、スタメン起用も。

先発

-

レイボーン

#60

右右

191cm

101kg

1974/11/22

20万ドル

3.27

17勝

8敗

0S
『投げるアジア漫遊記』。17勝はチームトップ、リーグ2位タイ。ロマノとともに広島に在籍。昨季は台湾に。

先発

-

ロマノ

#68

右右

188cm

86kg

1972/3/3

20万ドル

3.69

12勝

4敗

0S
レイボーンと2人で29勝。多彩な変化球が持ち味。シーズン中、息子がボールボーイを務める。

先発

-

チェビョンヨン

#45

右右

185cm

100kg

1982/4/25

1億ウォン

2.84

11勝

8敗

0S
6月以降、安定した投球内容で防御率リーグ2位。体格を生かした重い直球で打者を詰まらせる。

先発

-

キムグァンヒョン

#29

左左

187cm

80kg

1988/7/22

2,000万ウォン

3.62

3勝

7敗

0S
『19歳のほほえみサウスポー』。契約金5億ウォンの新人。マウンド上ではいつも笑顔。150キロ近い速球。

セットアッパー

チョウンチョン

#41

右右

182cm

72kg

1971/3/17

2億3,000万ウォン

1.57

2勝

3敗

9S
『飛龍の折れない翼』。12年連続50試合以上。通算756試合登板は、韓国球界最多のサイドハンド。

クローザー

チョンデヒョン

#21

右右

185cm

96kg

1978/11/10

1億2,100万ウォン

0.92

3勝

2敗

27S
『国際舞台に不可欠のサイドハンド』。シドニー五輪、WBCでも代表。60試合登板カルテットの1人。★

ワンポイント

カドゥクヨム

#30

左左

184cm

83kg

1969/10/1

8,000万ウォン

4.02

1勝

0敗

0S
昨オフ、ロッテを戦力外もSK入りしフル回転。67試合登板。スローカーブと制球力が持ち味。

中継ぎ

ユンギルヒョン

#51

右右

183cm

76kg

1983/9/23

7,300万ウォン

2.88

8勝

3敗

0S
71試合登板はチーム最多、リーグ3位。内角を突く150キロ近い速球が武器。今季の登板は全てリリーフ。

中継ぎ

ソンウンボム

#46

右右

182cm

86kg

1984/3/17

3,200万ウォン

3.01

6勝

3敗

0S
140キロ後半の速球が売り。韓国シリーズではリリーフで1回のみ登板。今大会ではロングリリーフも。
金額は今季の年俸(1ウォン=約0.13円)。★印は北京五輪アジア予選代表選手。
『 』内のコピーは、チームで一般的なものや、みなさんが認識しやすいよう、当サイト運営者にて作成したものです。
本をお持ちの方へ。#3のイデスはトゥサンの#9・ナジュファンと交換トレードになってます。
( )内は大会での選手名表記
本サイト内などではチーム名を「SKワイバンズ」としていますが、
アジアシリーズ期間中は大会表記の「SKワイバーンズ」を使用します。

韓国プロ野球トークライブ
今年もやります!韓国プロ野球トークライブ!120様ご招待
11月10日(土) YMCAアジア青少年センター スペースYホール
韓国対チャイニーズタイペイ戦直前、東京ドーム近くで実施。
ゲスト:石山一秀(元近鉄、サムソン捕手。現東北楽天編成本部)

盛会のうちに終了いたしました。ありがとうございました。

韓国プロ野球の現況と過去のアジアシリーズ出場チーム
 →韓国プロ野球の公式戦 現在の順位表

2006年出場 サムソン(サムスン)ライオンズ チーム・選手紹介

2005年出場 サムソン(サムスン)ライオンズ チーム・選手紹介

韓国プロ野球の予備知識
韓国プロ野球について 韓国プロ野球8球団
 球団の構成と変遷  サムソンライオンズ
 本拠地マップ  ハンファイーグルス
 実施要綱  ヒョンデユニコーンズ
 観戦ガイド  キアタイガース
 うたう!韓国プロ野球(応援)  トゥサンベアーズ
 SKワイバンズ
 韓国プロ野球日程と結果  ロッテジャイアンツ
 韓国プロ野球の近況(ブログ)  LGツインズ

    
韓国プロ野球スタジアム写真集  本拠地を北から順に
 チャムシル野球場  トゥサンベアーズ・LGツインズ
 インチョンムナク野球場  SKワイバンズ
 スウォン総合運動場  ヒョンデユニコーンズ
 テジョンハンバッ野球場  ハンファイーグルス
 テグ市民運動場  サムソンライオンズ
 クァンジュムドゥン総合競技場  キアタイガース
 プサンサジク運動場  ロッテジャイアンツ
                    

                                       

                                       

当サイト内の文章・写真等は付記のあるもの、球団・選手等に所有権があるものを除き、
著作権は当サイト運営者に帰属します。http://www.strike-zone.jp/