サイトマップ サイト案内
リンク集
会社概要(取材、コーディネート、写真貸出)

日程と結果

個人成績

韓国プロ
野球とは

観戦ツアー

過去の
コラム

観戦ガイド
&選手名鑑

LINE
ブログ

毎週放送
ラジオ

グッズ
ショップ

代表紹介
室井昌也

記事検索

-2009ワールドベースボールクラシック 概要

 2006年の第1回大会で、日本が初代王者に輝いたワールドベースボールクラシック(WBC)。第2回大会は09年3月に行われる。
 今回の大会は、予選でダブルエリミネーション方式(※説明)のトーナメントを採用し、準決勝では2次予選の別グループと対戦する。そのため前回のように、日本と韓国が準決勝で顔を合わせることはなくなったが、予選リーグの間に、両チームが最大で4試合戦う可能性がある。
 韓国代表を率いるのは、前回大会と同じ、キム インシク監督(ハンファ)。チームはプロ選手で構成し、ハワイでの代表合宿後、東京ラウンドに挑む。

期日・参加国
 3月5日〜23日
  4つの予選リーグに各4チーム、計16チーム
 準決勝:3月21、22日 決勝:3月23日

<1次予選A、B組>
 
1次予選A組 東京 ラウンド(3/5〜9)→日程
   中国、台湾、
日本韓国
   
球場:東京ドーム
   <結果>1位・
韓国、2位・日本
 
 
1次予選B組 メキシコシティ ラウンド(3/8〜12)
   オーストラリア、キューバ、メキシコ、南アフリカ
   球場:フォロソルスタジアム
   <結果>1位・キューバ、2位・メキシコ
                ↓
上記、A・B組の上位2チーム、計4チームが、
     
2次予選1組 サンディエゴ ラウンドに進出。

<1次予選C、D組>
 
1次予選C組 トロント ラウンド(3/7〜11)
   カナダ、イタリア、アメリカ、ベネズエラ

   
球場:ロジャースセンター
   <結果>1位・ベネズエラ、2位・アメリカ

 
1次予選D組 サンファン ラウンド(3/7〜11)
   ドミニカ共和国、オランダ、パナマ、プエルトリコ
   球場:ヒラム・ビソーンスタジアム
   <結果>1位・プエルトリコ、2位・オランダ
                ↓
上記、C・D組の上位2チーム、計4チームが、
        
2次予選2組 マイアミ ラウンドに進出。

<2次予選1組>
韓国、日本、キューバ、メキシコ
   
サンディエゴ ラウンド(3/15〜19)→日程
   
球場:ペトコパーク
   <結果>1位・
日本、2位・韓国

<2次予選2組>ベネズエラ、アメリカ、プエルトリコ、オランダ
   
マイアミ ラウンド(3/14〜18)
   球場:ドルフィンスタジアム
   <結果>1位・ベネズエラ、2位・アメリカ

<準決勝>

 
2次予選1、2組、上位各2チームが進出(3/21、22)
 
球場:ドジャースタジアム(ロサンゼルス)

<決勝>
 3/23 球場:ドジャースタジアム(ロサンゼルス)
                     日時は現地時間

決勝ラウンド 日程
3月21〜23日
(現地時間)
日付 時間 No.

対戦カード
3/21 18:00

準決勝
ベネズエラ 2-10 韓国

3/22

10:00

22日 17:00

準決勝
日本 9-4 アメリカ

23日

9:00

-

-

-

-

-

--

23日 18:30

決勝
韓国 3-5 日本

24日

10:30


  
決勝ラウンド開催球場:ドジャースタジアム
  斜字は日本時間

2次予選1組 サンディエゴラウンド日程
3月15〜19日
(現地時間)
日付 時間 No.

対戦カード
3/15 13:00 1 キューバ 0-6 日本

3/16

5:00

3/15 20:00 2 韓国 8-2 メキシコ

3/16

12:00

試合詳細
16日 20:00 3 キューバ 7-4 メキシコ

17日

12:00

-

-

-

-

-

--

17日 20:00 4 韓国 4-1 日本

18日

12:00

試合詳細

-

-

-

-

-

-

18日 20:00 5 キューバ 0-5 日本

19日

12:00

-

-

-

-

-

-

19日 18:00 6 韓国 2-6 日本

20日

10:00

試合詳細


  
サンディエゴラウンド開催球場:ペトコパーク
  斜字は日本時間

1次予選A組 東京ラウンド日程 3月5〜9日
日付 時間 No.

対戦カード
3/5 18:30 1 日本 4-0 中国
 (木)
-

-

-

-

-

-

6日 18:30 2 韓国 9-0 台湾
 (金)
-

-

-

-

-

--

7日 12:30 3 中国 4-1 台湾
 (土) 19:00 4 韓国 2-14 日本
-

-

-

-

-

-

8日 18:30 5 中国 0-14 韓国
 (日)
-

-

-

-

-

-

9日 18:30 6 日本 0-1 韓国
 (月)

        
東京ラウンド開催球場:東京ドーム

 チケット:東京ラウンドオンラインチケットサービス

 →アサヒビールプレゼンツ '09 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京ラウンド 公式サイト

 →World Baseball Classic 2009(MLB.com)


 
※ダブルエリミネーション方式…上記、東京ラウンドの日程、下記組合せ例を参照の通り、1度負けても敗者復活戦により、勝ちあがることが可能なトーナメント方式。2度負けると敗退が決定する。実力が反映されやすい対戦形式だが、試合数が増え、総当り戦と異なり、対戦カードが事前には決まらないという点もある。

ダブルエリミネーション方式組合せ例

2009ワールドベースボールクラシック組合せ日程表


詳しくはこちら

本サイト運営者の著書
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2009

韓国代表監督インタビュー、台湾、キューバ情報も含め、本書独自のWBC特集12ページ!

著者・編集・取材・写真・デザイン:室井昌也定価:1,300円(税込) 昨年より16頁増!発行:小学館スクウェア

韓国プロ野球の現況
 →韓国プロ野球の公式戦 2008年の順位表
 →韓国プロ野球の公式戦 2008年個人成績
 →高津臣吾投手(ウリ)全登板記録

韓国プロ野球の予備知識
韓国プロ野球について 8球団
 球団の構成と変遷  SK
 本拠地マップ  トゥサン
 実施要綱  ハンファ
 観戦ガイド  サムソン
 うたう!韓国プロ野球(応援)  LG
 ヒーローズ
 韓国プロ野球日程と結果  ロッテ
 韓国プロ野球の近況(ブログ)  キア

 韓国代表WBCまでの予定
 12月1日 予備エントリー45名発表
 09年1月8日 ユニフォーム発表
 2月16日 代表チーム合宿開始(ハワイ)
    22日 最終エントリー提出
 3月 1日  東京入り
    2日〜4日 練習試合、公式練習(東京ドーム)

 東京ドーム練習試合日程
 2月28日(土) 
 中国-巨人(12:00)
 日本-西武(19:00)

 3月1日(日)
 中国-西武(12:00)
 日本-巨人(19:00)

 3月2日(月)
 韓国-西武(12:00)
 台湾-巨人(19:00)

 3月3日(火)
 台湾-西武(12:00)
 韓国-巨人(19:00)


 2009ワールドベースボールクラシック 韓国代表選手紹介

代表選手一覧(背番号は代表チームのもの。成績は08年の成績)

・ネットで読める、当サイト運営者の韓国代表記事 →現地からブログ

 「大リーガー・秋信守が待ちわびた日=WBC韓国代表リポート
 (スポーツナビ | WBC 2009年3月23日)

 コラム・韓話☆球題「4度目の日韓戦、先発・張ウォン三とは?
 (日刊スポーツ|WBC 2009年3月20日)

 コラム・韓話☆球題「いよいよ実現、ダルビッシュ対韓国打線
 (日刊スポーツ|WBC 2009年3月17日)

 コラム・韓話☆球題「韓国対メキシコ戦のみどころ
 (日刊スポーツ|WBC 2009年3月16日)

 コラム・韓話☆球題「韓国の新4番打者・金泰均
 (日刊スポーツ|WBC 2009年3月10日)

 「韓国に勢いをつけた「ミスター東京ドーム」=WBC韓国代表リポート
 (スポーツナビ | WBC 2009年3月7日)

 コラム・韓話☆球題「怪物投手への“追っかけ愛”
 (日刊スポーツ|WBC 2009年3月7日)

 コラム・韓話☆球題「韓国代表の明るさと対応力
 (日刊スポーツ|WBC 2009年3月3日)

 「“日本最大のライバル”韓国に油断なし WBC出場チーム分析
 (スポーツナビ | WBC 2009年2月26日)

 「韓国代表リポート 韓国代表ハワイ合宿」
 (WBC東京ラウンド公式サイト 2009年2月26日)

 「韓国代表リポート 韓国代表、五輪王者のおごりなし
 (WBC東京ラウンド公式サイト 2009年1月30日)

     取材ご依頼や下記内容の業務利用は、こちらからお問い合わせください。

ファン ドゥソン投手に代わり、イム テフン投手が代表入り(3月4日)

基本スタメンと野手

投手陣と野手

1番

中翼手

イ ジョンウク
李鍾旭(トゥサン
イジョンウク
LEE JONG WOOK

#39

左左

176cm

77kg

1980/6/18

1億7,200万ウォン

.301

0本

28点

47盗
『たたき上げの韋駄天』1次予選に全試合1番で出場。<五>

2番

二塁手

チョン グンウ
鄭根宇(SK

チョングンウ
JEUNG KEUN WOO

#8

右右

174cm

75kg

1982/10/2

1億7,000万ウォン

0.314

8本

58点

40盗
『がむしゃらにプレーするガッツマン』台湾戦でダメ押し2ラン放つ。<五>

3番

左翼手

キム ヒョンス
金賢洙(トゥサン

キムヒョンス
Kim Hyun Soo

#50

右左

188cm

95kg

1988/1/12

1億2,600万ウォン

0.357

9本

89点
13盗
『昨季の首位打者』1次予選では打率.385。<五>

4番

一塁手

キム テギュン
金泰均(ハンファ


KIM TAE KYUN

#52

右右

184cm

100kg

1982/5/29

4億2,000万ウォン

0.324

31本

92点
2盗
『昨季の本塁打王』
日本との初戦で松坂から2ラン、1次決勝で岩隈からタイムリー。1次予選打率.417、打点6はチームトップ。

5番

DH

イ デホ
李大浩(ロッテ

イデホ
LEE DAE HO

#10

右右

192cm

100kg

1982/6/21

3億6,000万ウォン

0.301

18本

94点
0盗
『06年三冠王』
1次予選では打率.375。<五>

6番

三塁手

イ ボムホ
李机浩(ハンファ


LEE BUM HO

#6

右右

182cm

93kg

1981/11/25

3億3,000万ウォン

0.276

19本

77点

12盗
『長距離砲』
中国戦で2ラン、メキシコ戦で先制アーチ、4度目の日本戦で同点弾放つ。

7番

右翼手

イ ジンヨン
李晋暎(LG


LEE JIN YOUNG

#35

左左

185cm

90kg

1980/6/15

3億6,000万ウォン

0.315

8本

53点
12盗
『国民的右翼手』
1次予選では打率.375。5打点。<五>

8番

捕手

パク キョンワン
朴勍完(SK


PARK KYUNG OAN

#26

右右

178cm

88kg

1972/7/11

5億ウォン

0.273

7本

36点
6盗
『データ野球の扇の要』
キム グァンヒョンとのバッテリーで大量失点し、悔しさ味わう。

9番

遊撃手

パク キヒョク
朴基赫(ロッテ


PARK KI HYUK

#16

右右

179cm

73kg

1981/6/4

1億2,000万ウォン

0.291

1本

36点

16盗
『スリムなショートストップ』
パク チンマンの穴埋める攻守光る。


その他野手

捕手

カン ミンホ
姜a鎬(ロッテ
カンミンホ
KANG MIN HO

#47

右右

185cm

89kg

1985/8/18

1億4,500万ウォン

.292

19本

82点

2盗
『プサンのファンが惚れた男』
<五>

二塁手

コ ヨンミン
高永民(トゥサン

コヨンミン
KO YOUNG MIN

#14

右右

182cm

73kg

1984/2/8

1億6,000万ウォン

0.267

9本

70点
39盗
『コジェット』
メキシコ戦途中出場し、ソロアーチとバントヒット決める。<五>

外野手

イ ヨンギュ
李容圭(キア
イヨンギュ
LEE YONG KYU

#15

左左

175cm

70kg

1985/8/26

1億5,000万ウォン

.312

0本

38点

28盗塁
『北京準決勝で泣き崩れた右翼手』
3度目の日本戦で初回に盗塁決め、先制のホーム踏む。<五>

三塁手

チェ ジョン
崔 廷(SK


CHOI JEONG

#14

右右

180cm

84kg

1987/2/28

1億5,000万ウォン

0.328

12本

61点
19盗
『ベビーフェイススラッガー』

DH

チュ シンス
秋信守
(インディアンス)

イスンヨプ
CHOO SHIN SOO

#55

左左

180cm

95kg

1982/7/13

-

0.309

14本

66点

4盗
『9月ア・リーグ月間MVP』
1次予選ではDHでの3試合出場に限定される。2次予選もDHのみ許可される。

ベネズエラ戦、
中国戦先発

ユン ソクミン
尹錫a(キア

ユンソクミン
YOON SUK MIN

#28

右右

183cm

82kg

1986/7/24

1億8,000万ウォン

2.33

14勝

5敗

0S
『昨季の防御率1位』中国戦で6回を0点に抑える好投。<五>

日本戦(2次決勝)先発

チャン ウォンサム
 
張★三
ヒーローズ

チャンウォンサム
JANG WON SAM

#13

左左

181cm

73kg

1983/6/9

1億7,000万ウォン

2.85

12勝

8敗

0S
『制球力のある左腕』<五>
(★はさんずいに亘)

日本戦(1次)
先発

キム グァンヒョン
金廣鉉(SK

キムグァンヒョン
KIM KWANG HYUN

#31

左左

187cm

83kg

1988/7/22

1億3,000万ウォン

2.39

16勝

4敗

0S
『20歳のほほえみサウスポー』1次予選・日本戦でスライダー狙われ、1回1/3を8失点。<五>

メキシコ戦先発
台湾戦先発

リュ ヒョンジン
柳賢振(ハンファ

リュヒョンジン
RYU HYUN JIN

#99

左右

187cm

98kg

1987/3/25

2億2,000万ウォン

3.31

14勝

7敗

0S
『韓国の怪物投手』
台湾戦に先発し好投。1次予選決勝・日本戦でも岩村、イチロー相手に登板。<五>

日本戦
(1次決勝、2次)
先発

ポン ジュングン
奉重根(LG

ポンジュングン
BONG JUNG KEUN

#51

左左

190cm

95kg

1980/7/15

3億6,000ウォン

2.66

11勝

8敗

0S
『元メジャーリーガー』
1次予選決勝の日本戦に先発し5回1/3を0点に抑える。<五>

先発

ソン ミンハン
孫敏漢(ロッテ


SON MIN HAN

#1

右右

179cm

85kg

1975/1/2

7億ウォン

2.97

12勝

4敗

0S
『4年連続2ケタの安定感』

中継ぎ

イ ジェウ
李在雨(トゥサン


LEE JAE WOO

#11

右右

183cm

82kg

1980/2/9

2億ウォン

1.55

11勝

3敗

2S
『ゴーグルがトレードマーク』

中継ぎ

イ スンホ
李承浩(SK


LEE SEUNG HO

#20

左左

176cm

82kg

1981/9/9

8,100万ウォン

3.57

4勝

1敗

2S
『肩の手術から復活の左腕』

中継ぎ

チョン ヒョンウク
鄭現旭(サムソン)


JONG HYUN WOOK

#19

右右

187cm

85kg

1978/12/2

1億3,000ウォン

3.40

10勝

4敗

0S
『タフネスリリーバー』
コンディション良く、速球に力あり。

中継ぎ

イム テフン
林泰勳(トゥサン


IM TAE HOON

#32

右右

182cm

83kg

1988/9/28

9,000ウォン

3.41

6勝

5敗

6S
『07年新人王』

クローザー

イム チャンヨン
林昌勇(ヤクルト)

イスンヨプ
LIM CHANG YONG

#12

右右

180cm

80kg

1976/6/4

-

3.00

1勝

5敗

33S
『150キロサイドスロー』
1次予選決勝日本戦で、1回2/3を締める。

クローザー

チョン デヒョン
鄭大R(SK

チョンデヒョン
CHUNG DAE HYUN

#21

右右

185cm

98kg

1978/11/10

2億2,000万ウォン

2.67

4勝

3敗

20S
『国際舞台に不可欠のサイドハンド』
<五>

クローザー

オ スンファン
呉昇桓(サムソン)

オスンファン
OH SEUNG HWAN

#17

右右

178cm

92kg

1982/7/15

2億6,000万ウォン

1.40

1勝

1敗

39S
『アジアの守護神』
<五>


その他野手

外野手
一塁手

イ テククン
李宅根
ヒーローズ

イテククン
LEE TAEK KEUN

#29

右右

182cm

83kg

1980/7/10

2億2,500万ウォン

0.317

12本

58点
18盗
『器用なハイアベレージヒッター』
<五>
成績は今季の成績(赤字はタイトルホルダー)
金額は今季の年俸(1ウォン=約0.07円)。
『 』内のコピーは、チームで一般的なものや、みなさんが認識しやすいよう、当サイト運営者にて作成したもの。今回は選手の特徴は記さず、大会期間中の活躍を追記していきます。
<五>…北京五輪代表選手

<コーチングスタッフ>
監督:キム インシク(ハンファ監督)
ヘッドコーチ:キム ソンハン(元キア監督)
投手コーチ:ヤン サンムン(ロッテ二軍監督)
打撃コーチ:イ スンチョル(元LG監督)
一塁ベースコーチ:キム ミンホ(トゥサン コーチ)
三塁ベースコーチ:リュ ジュンイル(サムソン コーチ)
バッテリーコーチ:カン ソンウ(サムソン コーチ)

     

-

サンディエゴの宿をチェック!


旅行ツアーで探すのも◎

当サイト内の文章・写真等は付記のあるもの、球団・選手等に所有権があるものを除き、
著作権は当サイト運営者に帰属します。http://www.strike-zone.jp/