◇選手名や記事検索こちら ◇韓国プロ野球の取材、コーディネート、写真レンタルのご用命 ◇会員募集 ◇サイト案内 ◇更新履歴 ◇リンク集 ◇サイトマップ 

日程と結果

個人成績

韓国プロ
野球とは

観戦ツアー

過去の
コラム

観戦ガイド
&選手名鑑

LINE
ブログ

毎週放送
ラジオ

グッズ
ショップ

代表紹介
室井昌也

記事検索

-
日韓クラブチャンピオンシップ2010 概要

2005年から08年まで行われた、「アジアシリーズ」に代わる大会として、韓国と日本、両プロ野球の優勝チームが対戦する、「日韓クラブチャンピオンシップ」が昨年に続き行われる。今年は11月13日(土)東京ドームにて開催。

韓国の出場チームは、公式戦上位4チームによって行われる、ポストシーズンを経て決定した(下記参照)。

日韓クラブチャンピオンシップ概要
           (日本野球機構オフィシャルサイト)

試合日時:2010年11月13日(土) 14時開始

会場東京ドーム

対戦
韓国シリーズ優勝チーム・SKワイバーンズ 対
日本シリーズ優勝チーム・千葉ロッテマリーンズ

方式:韓国・SK(三塁側・先攻)
    日本・千葉ロッテ(一塁側・後攻)

結果:千葉ロッテ 3-0 SK

   日韓クラブチャンピオンシップに必須!
 韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2010

著者/制作室井昌也
(当サイト運営者)

硬軟とりまぜ、門倉健、金泰均などのインタビューやコラム、写真も満載、全160ページ!
詳しくはこちら

インターネット上でのご購入
楽天ブックス
Amazon.co.jp
セブンネットショッピング

入場券:10月8日(金)より発売中
チケットぴあe+(イープラス)ローソンチケット

中継テレビ東京(16時から録画中継)
 解説:阿波野秀幸
 ゲスト解説:関川浩一(2010年SK打撃コーチ)
 実況:植草朋樹(テレビ東京)


中継:J SPORTS

主催日本野球機構(NPB)
協力韓国野球委員会(KBO)、中国棒球協会(CBA)、中華職業棒球連盟(CPBL)、

賞金総額   2,500万円
勝利チーム  2,000万円
敗戦チーム   500万円

大会規定
 (日韓クラブチャンピオンシップ2010 開催概要より抜粋)

■ 出場資格
(1) 大会に出場できるチームは、KBO、NPBの2010年シーズンのチャンピオンチームとする。
(2) 大会に出場できる選手は、2010年8月31日の時点での出場チームの支配下選手とする。
(3) 出場選手は、一次登録した40選手の中から監督会議の際に最終登録された25選手とする。

1. 一次登録は、出場が予想される全てのチームが対象で、各野球組織はそのチームを代表して日本時間2010年10月29日12時までに運営委員会に名簿を提出する。主催者は同日にこの名簿を公示する。登録された選手が怪我等により出場不能になった場合は、医師の診断書を運営委員会に提出し、各野球組織の了解を得られれば、変更することができる。
2. 大会出場の25選手は、2010年11月12日の監督会議の際に最終登録する。最終登録後の選手交代はできない。
3. ベンチ入りする監督、コーチ、ビジネスマネジャー、トレーナー、スコアラー、通訳、広報担当または用具係の名簿は、ブルペン捕手の名簿とともに、選手の一次登録の際に運営委員会に提出する。このベンチ入りスタッフの追加変更は、監督会議まで可能である。

(4) 試合のためにベンチに入ることができるチームの人員は次の37名までとする。

監督(1名)、選手(25名)、コーチ、ビジネスマネジャー、トレーナー、スコアラー、通訳、広報、用具係を合せて37名が試合のためにベンチ入りができる。

注1. コーチを兼ねる選手がそれぞれの資格を持ってベンチ入りするときはコーチ、選手の各制限数に含まれる。
例)選手兼任コーチが1名いた場合、ベンチ入り総数は、36名になる。
注2. ブルペン捕手は2名登録できるが、試合中ベンチ内に入ることはできない。

(5) 試合に出場できる外国人選手枠ルールは、それぞれのチームが所属する野球組織のルールを適用する。

■ ユニホーム
本大会出場チームは、先攻チームはビジター用、後攻チームはホーム用ユニホームを着用する。

■ 審判員と記録員
(1) 大会審判団はCPBLから派遣される計4名の審判員で構成される。
(2) 公式記録はNPB記録員が担当する。

■ 野球規則に関する事項
本大会は公認野球規則を適用する。
(1) 試合は延長制限を設けず勝敗が決定するまで行う。
(2) 指名打者制度を採用する。
(3) サスペンデッドゲームの規則は適用しない。

■ ドーピングコントロール
本大会はドーピングコントロール対象試合とする。

韓国プロ野球の予備知識
韓国プロ野球について 韓国プロ野球8球団
球団の構成と変遷 SKワイバーンズ
本拠地マップ サムソンライオンズ
実施要綱 トゥサンベアーズ
観戦ガイド ロッテジャイアンツ
うたう!韓国プロ野球 キアタイガース
- LGツインズ
- ネクセンヒーローズ
- ハンファイーグルス

-
SKワイバーンズ選手紹介

  チーム紹介 韓国シリーズ詳細 2010年個人成績
  NEW! ロッテに立ちはだかる“妥協なき集団”SK (コラム)
  NEW! SK出場選手一覧と成績 (スポーツナビ)

  室井昌也『ソウルはいつも野球愛』 (ブログ)
  日刊スポーツ携帯サイト「ワールドベースボール・韓話☆球題」 (コラム)
  スポーツ朝鮮 週一コラム『室井の近くて遠い韓日野球』 (コラム/韓国語)

  スピリット・オブ・門倉健 フォー・ウィン(SKW)(門倉健投手全登板)
  SKワイバーンズグッズを買う!

予想オーダー
※シーズン中は日替わり打線が特徴
主な投手陣
※下部に今大会欠場の主力選手記載

1番

左翼手

パク チェサン
朴哉相


PARK JAE SANG

#1

左左

178cm

80kg

1982/7/20

1億6,000万W

0.255

6本

42点
9盗
芸術的なスイングの持ち主
今季は左肩と左ひじ負傷で出場機会減。じっくり球筋を見極める打撃と、球際に強い守備、俊足が特徴。左投手を苦にしない。

2番

中堅手

チョ ドンファ
趙東和


CHO DONG HWA

#10

左左

175cm

70kg

1981/3/22

9,000万W

0.244

3本

27点
15盗
秋のドンファ
俊足と広い守備範囲が特徴。秋口の活躍が多く、ドラマ「秋の童話」をもじり「秋のドンファ」と呼ばれる(童話とドンファは同じ発音)。

3番

DH

キム ジェヒョン
金宰R


KIM JAE HYUN

#7

左左

177cm

85kg

1975/10/2

5億W

0.288

10本

48点
7盗
球界一の美男子
今季限りでの引退を表明。勝負強い打撃が魅力で、07年のアジアシリーズでは中日・中田から二塁打2本、山井からソロアーチ放つ。

4番

一塁手

イ ホジュン
李昊俊


LEE HO JOON

#27

右右

186cm

95kg

1976/2/8

5億W

0.278

8本

46点
1盗
『陽気な中心打者』
足を高く上げてタイミングを取るのが特徴。対左投手に対し好成績で、1打席目に打つと乗っていくタイプ。04年の打点王。

5番

右翼手(一塁)

パク チョングォン
朴正權


PARK JUNG KWON

#36

左左

187cm

93kg

1981/7/21

1億2,500万W

0.306

18本

76点
17盗
『韓国シリーズMVP』『頼れる中軸』
シーズン中、最も多く4番に座る。左右気にせず、右には長打力を発揮。どのカウントでも結果残す。韓国シリーズでは.357、1本、6打点。

6番

捕手

チョン サンホ
鄭相昊


CHUNG SANG HO

#42

右右

186cm

96kg

1982/12/24

1億1,000万W

0.323

6本

14点
0盗
『強肩強打』
09年は正捕手パク キョンワンの負傷離脱で101試合出場も、今季は出場機会に恵まれず。強肩と強打が魅力。

7番

遊撃手

ナ ジュファン
羅州煥


NA JU HWAN

#3

右右

182cm

83kg

1984/6/14

1億7,000万W

0.269

7本

42点
14盗
『積極果敢 猪突猛進』
春先好調も左手首、左肩を負傷。早いカウントから積極的に打ちにいく、直球に強い打者。積極果敢な走塁が特徴。

8番

二塁手

キム ヨンフン
金淵訓


KIM YEUN HUN

#2

右右

180cm

72kg

1984/12/23

5,000万W

0.243

0本

4点
8盗
『意外性のサブプレーヤー』
シーズン中は主に、ショート、セカンドの代役や代走として起用。打線が沈滞ムードの時に価値ある打撃を見せる、意外性の男。

9番

三塁手

チェ ユンソク
崔允碩


CHOI YOUN SUK

#5

右右

175cm

74kg

1987/3/28

2,400万W

0.092

0本

2点
7盗
『守備で期待のルーキー』
ドラフト5位で入団の新人。シーズンでは守備面を期待され、ショートで起用さたが、チェ ジョンがアジア大会出場のため、サード起用の予定。

-

先発
門倉 健
-


KADOKURA KEN

#54

右右

191cm

95kg

1973/7/29

25万ドル

3.22

14勝

7敗
0S
『韓国2年目、悲願の出場』
開幕から5/9の初黒星まで無傷の7連勝。4月の月間MVPに輝いた。7月には初の球宴出場。今季、走者を背負っても粘り強い投球を見せた。

中継ぎ
ロングリリーフ

チョン ビョンドゥ
全炳斗


JUN BYUNG DOO

#28

左左

181cm

76kg

1984/10/14

1億2,000万W

3.06

5勝

2敗

0S
『シャイな速球派投手』
内気な性格が災いし、先発はイマイチという評価もロングリリーフでは長いイニング安定した投球を見せる。今季夏場以降好調。

中継ぎ
ロングリリーフ

イ スンホ
李丞鎬


LEE SEUNG HO

#37

左左

189cm

90kg

1976/8/23

6,000万W

2.03

2勝

0敗

0S
『大きいイ スンホ』
今季は3度先発。韓国シリーズ第2戦では「1番手投手」として1回2/3、無失点で降板。第3戦に2番手として登板し、勝利投手になった。

中継ぎ
ロングリリーフ

コ ヒョジュン
高孝準


KO HYO JUN

#15

左左

179cm

71kg

1983/2/8

8,000万W

5.15

8勝

6敗

2S
『先発、中継ぎにフル回転の左腕』
右打者のひざ元にボールが集まると、好投する。シーズン終盤、制球がばらつき韓国シリーズではエントリーされず。

ワンポイント

チョン ウラム
鄭ウラム


JUNG WOO RAM

#57

左左

181cm

82kg

1985/6/1

1億5,000万W

3.53

8勝

4敗

2S
『ベビーフェイスの強心臓左腕』
全てリリーフで75試合に登板。3年連続60試合以上投げる。これまではワンポイント起用も、今季は102投球回。奪三振は111個を数える。

抑え

イ スンホ
李承浩


LEE SEUNG HO

#20

左左

176cm

82kg

1981/9/9

1億3,500万W

4.22

6勝

4敗

20S
『小さいイ・スンホ』
かつてのエースは負傷で3年ブランク後、08年中継ぎとして復活。スローカーブを効果的に使い、西武とのアジアシリーズでも好投した。

-

通常は
先発
グローバー
-


GARY GLOVER

#59

右右

196cm

93kg

1976/12/3

30万ドル

5.66

6勝

8敗
0S
『元巨人。調子上向きの助っ人
09年にシーズン途中加入し活躍。今季は、左ひざと腰痛の影響で夏場以降登板なし。しかし、韓国シリーズ第4戦で先発し好投した。

主なベンチ入り野手

-

内野手

パク チョンファン
朴廷煥


PARK JUNG HWAN

#6

右右

180cm

85kg

1977/10/23

5,500万W

0.304

1本

10点
0盗
『集中力高いスーパーサブ』
代打や一塁守備など終盤の起用のバイプレーヤー。05、06年にサムソン、08年SKでアジアシリーズに出場し、4度目の東京ドームとなる。

-

右翼手

パク チェホン
朴栽弘


PARK JAE HONG

#62

右右

176cm

85kg

1973/9/7

4億W

0.220

8本

27点
1盗
リトルキューバ
かつて国際試合で強さを発揮し「リトルキューバ」と呼ばれる。通算打点は歴代3位。08年のアジアシリーズでは西武・帆足からソロアーチ放つ。

今大会欠場の主力選手

体調
不良

エース

キム グァンヒョン
金廣鉉

2.37

17勝

7敗

0S

ア大会代表

中継ぎ

チョン デヒョン
鄭大R

1.40

4勝

1敗
4S

ア大会代表

抑え

ソン ウンボム
宋恩範

2.30

8勝

5敗

8S

ア大会代表

捕手

パク キョンワン
朴勍完

0.262

14本

67点
1盗

ア大会代表

二塁手

チョン グンウ
鄭根宇

0.305

2本

48点

33盗

ア大会代表

三塁手

チェ ジョン
崔 廷

0.300

20本

80点
-12盗

ア大会代表

中堅手

キム ガンミン
金江a

0.317

10本

72点
23盗

 金額は今季の年俸 1W(ウォン)=約0.07円
 『 』内のコピーは、チームで一般的なもの(太字)や、
 みなさんが認識しやすいよう、当サイト運営者にて作成したものです。

上記内容は私的利用の範囲内で使用し、無断転載はご遠慮ください。
取材ご依頼などは、こちらからお問い合わせください。

日韓クラブチャンピオンシップへの、韓国チームの道のり 過去の日韓クラブチャンピオンシップ
・ 1リーグ8チーム制にて行う公式戦(133試合)の、
上位4チームがポストシーズンに進出。 公式戦順位表
 2009年出場 キア(KIA)タイガース チーム・選手紹介
ポストシーズンの仕組み ポストシーズン日程と結果 韓国プロ野球 過去のアジアシリーズ出場チーム
・ 5戦3先勝制の準プレーオフ(公式戦3位 対 4位)  2008年出場 SKワイバーンズ チーム・選手紹介

 2007年出場 SKワイバーンズ チーム・選手紹介
・ 5戦3先勝制のプレーオフ(公式戦2位 対 準プレーオフ勝者)  2006年出場 サムソン(サムスン)ライオンズ チーム・選手紹介

 2005年出場 サムソン(サムスン)ライオンズ チーム・選手紹介
・ 7戦4先勝制の韓国シリーズ(公式戦1位 対 プレーオフ勝者)
韓国シリーズ勝者と日本シリーズ勝者が、
  日韓クラブチャンピオンシップに出場する
・ 韓国シリーズ…10月19日(火)第4戦にてSKの優勝が決定
・ 日本シリーズ…11月7日(日)第7戦にて千葉ロッテの優勝が決定

当サイト内の文章・写真等は付記のあるもの、球団・選手等に所有権があるものを除き、
著作権は当サイト運営者に帰属します。http://www.strike-zone.jp/